中国輸入ビジネスで稼ぐために必須ツール

Pocket

中国輸入を実践していく上でツールは必要か必要じゃないかと言われたら必要です。私自身も幾つかのツールを使って実践しています。

ツールって基本的には時間短縮をするもので無くてもいいんですけど便利なツールは一度使うと無しではやっていけなくなってしまいますからたまらないですよね。

と言うことで今回は私が使っているツールを紹介していきます。

リサーチ系ツール

自分が使っているツールを今一度見直してみたらリサーチ時に使うツールとそれ以外のツールがありましてまずはじめにリサーチ系のツールを紹介します。

モノレート

モノレート

まあこれがないと始まらないよねってくらい皆使っているツールの1つでしょう。

ツールは基本時間短縮のものだと書きましたがこれは例外です。

モノレートで見れるデータはカタログ毎のもので

  • ランキングの変動(変動が激しいほど売れてる)
  • 出品者数の推移
  • 価格の推移

と基本的な事ですがこれらの情報がないとリサーチができないと言っても過言ではないほど重要な情報ばかりです。

keepa

keepa

これはGoogleChromeの拡張機能として使えます。

Amazonのカタログを開いた時にページの真ん中あたりにモノレートで得れる情報とほぼ同じものを表示してくれます。

  • ランキングの推移
  • 最低価格の推移
  • 出品者数の推移

まあ見るのはこれくらいで、だったらモノレートでいいじゃんかー!って思われるかもしれないですがモノレートってAmazonとは別ページに飛ばないといけないのですがAmazonのページ内で見れるので非常に便利です。

こんな感じでカタログの中段あたりに表示されます。

ランキングの推移・最低価格の推移・出品者数の推移が大体これで分かります。

これも私的には欠かせないツールの1つですね。

ただモノレートと比べると劣る点もありまして情報が取り切れてない事が多いです。

上の図はキッチリ取り切れてるものをチョイスしました。

正確な情報を見たいときはやはりモノレート頼りです。あとやや重い。読み込むまでに1.2秒かかります。

一度keepaのグラフで見て良さそうならモノレートに飛んでさらに正確な情報を得るといった感じで使っています。

smasurf

smasurf

これもkeepaと同じくChromeの拡張機能として使っています。

なんか色々と機能があるみたいですが基本的にはモノレートとFBA料金シュミレータへのリンクの為に使っています。

こんな感じで表示されます。

Amazonカタログの右側に色々なリンクが表示されるのですが「モノレート」をクリックすればそのまま開いている商品のモノレートへ飛んでくれます。FBA料金シュミレータも同様でワンクリックですぐに手数料計算などができます。

この2つのリンクの為に使ってます。

他にも似たような使い方できる拡張機能あるみたいですが重かったり色々とあるのでこれらに落ち着いてますね。

基本的にはこれらのツールがあればAmazonでのリサーチは完了します。

というか私はこれらしか使っていないです。

他のツール

次はリサーチ以外での業務効率化ツールの紹介になります。

これらも一度使い出すとなかなか離れれない鉄板ツールになります。

プライスター

プライスター

このツールでは出品・価格の自動調節・売上計算・評価依頼メールなど様々な業務の効率化に使う事ができます。

どれらも非常に便利で欲しいものを揃えてる感がハンパないです。月額4800円と有料なのである程度利益を出せるようになってからの導入でいいと思います。

価格の自動調整はAmazon純正でもありますが何故かポイント分を計算してくれないショボショボスペックなので今の所は正直使えないです。

評価依頼メールもOEMとか自分でカタログを作るようになれば非常に重要な事になりますのでそれらが全て1つのツールで完了するというのがいいですね。

アマスタ

アマスタ

これはプライスターの機能でもあった評価依頼メールを自動で送ることができるツールです。

月額1980円で比較的安めなのもいいですがもしプライスターを契約している人や導入予定の人は必要ないです。

因みに私も利用していないですが回りの人は結構使っているみたいです。

私は代行業者に「イーウーパスポートを使っている」と過去の記事でも書きましたが

代行業者を使ってアリババ・タオバオから仕入れる方法
中国輸入ビジネスを始めるのにあたってアリババ・タオバオは無くてはならない存在です。 この2つほど商品が揃っているところは間違いなくないです。しかも基本卸業者が使うECサイトなので驚くほど安く買う...

イーウーパスポートが会員限定で無料で貸し出しているツールを利用しています。

まあ自分でカタログ作る段階まできてどれを利用するか考えればいいかと思われます。

まとめ

とここまで自分が使っているツールを洗い出してみましたが非常にシンプルですね。必要最低限です。

もしかしてネットビジネス系の人がインフォトップとかで売ってるツールを紹介すると思いました?

あれ系も色々使ってみたりもしましたし便利は便利なのですがなんか結局全て使わなくなってしまっていました。なんか動きがあまり良くなかったりとか。

ここで紹介した物は中国輸入どうこうに限らずAmazonビジネスで必ず必要なものだと思います。

モノレートとか無くなったらほんともう生きていけないレベルです。

と言うことで今後のあなたの活動の参考にしてみて下さい。

Pocket