中国輸入製品の並行輸入商品で爆発的に稼ぐ方法

Pocket

並行輸入という言葉は誰でも一度は聞いた事があると思いますが今日は並行輸入商品で稼ぐ方法を書いていきます。

並行輸入とは正規代理店ルートとは別のルートで真正品を輸入することです。

詳しくはコチラを

並行輸入とは

ブランド品などが正規品とかと比べてやたら安く売っていたりとかする事があると思います。けして偽物でもないし本物なんだけど安いみたいな。

あーゆーのが並行輸入品で正規のルート以外で日本に入ってきて販売されている物になります。

という事で今回はこの非正規ルートで仕入れて安く売って爆発的な利益を出す方法について触れてみたいと思います。

並行輸入は違法??

並行輸入について違法またはグレーだと思っている人も少なからずいるようなんですが並行輸入商品を正規品より安く売るのは違法ではありません。

並行輸入のい・ろ・は

正規のメーカーから何かしら文句言われても問題無いというのが現状のようです。

正規メーカーからすれば腹立たしいかもしれませんが幅広くワールドワイドに展開しているブランドであれば仕方のないことなんだと思います。販売ルートを全てチェックするのは不可能なので。

中国からの並行輸入とは?

という事で中国からの並行輸入なんてあるの?と思われるかもしれませんがあります。要するに日本に正規代理店がいるからメーカーからは仕入れできないけどアリババとかに売ってる物ですね。中国製品で誰もが知る有名メーカー製品というのはまだまだ少ないですがAmazonとか見ててこれ仕入れたい!

でも正規代理店いる・・・!

でもアリババでも売ってるし利益出るじゃん!

という状況になったら並行輸入商品として仕入れればなんら問題なく売ることができます。

並行輸入品は並行輸入と記載しないとダメです

ただ日本に正規がいるのにアリババで仕入れて正規品のAmazonカタログに出品したらダメです。商品自体全く差が無い場合で、セラー数が多くて紛れて売ることもできる場合もあるかもしれませんが基本的には正規代理店から連絡がくるかAmazonにチクられて出品が取り消しされます。

この場合はどうしょうもないというかそもそも正規品ではないので始めから並行輸入品と商品名にいれましょう。

カタログを作る時に並行輸入品かどうかを選ぶところがありますのでそこで並行輸入(Parallel import)を選べば商品タイトルの後ろに[並行輸入品]と自動で表示されます。

これさえやっておけばメーカーに文句言われる筋合い無く堂々と販売できる分けです。

並行輸入品のイメージは悪い?

並行輸入品のイメージについてですが「正規品」と記載してある商品と比べてやや悪くなるのは仕方ないと思います。わざわざ「正規品」と書いてある商品もそこまで多くないですがやはりちょっと悪くなりますよね・・・

なので価格を安くするなどして戦うしかありませんが物によっては安ければ並行輸入品でもいいよって人は多いのでそこを狙っていく作戦です。

例えばダイソンの商品ですが並行輸入品でもめちゃくちゃ売れています。レビュー数も多いし評価も悪くないです。

因みに電化製品とかを並行輸入する場合は日本の法律を遵守しているか確認してください。日本向けでないと技適とか取得してない場合も多いので。

法律関係はコチラを

中国輸入の仕入れ時に知っておくべき法律
中国輸入ビジネス実践しだしてアリババとか中国のサイト見てるとホント何でも売ってますよね。 でAmazon見ても同じ物が普通に売ってるのでそのまま仕入れればいいじゃんってなりますが実は色々と注意が...

並行輸入品の保証

正規品と並行輸入で一番違いが生まれるのが保証だと思います。正規品はAmazonの1ヶ月保証が過ぎてもメーカーに言えば修理を受けれますが並行輸入品は基本的に修理をすることができないです。

ですのでそこは多少工夫して個別に3ヶ月保証を付けてカタログに記載するなどして保証面を心配している方をフォローするようにしてもいいと思います。

お客さんの心配を取り払ってあげるのがコツですがあまりにも手厚い保証を付けすぎても手間とコストがかかりすぎるかもしれないのでそこはバランスを取って下さい。

並行輸入まとめ

どちらかというと並行輸入品は欧米などのメーカー製品の方が多いです。

しかし中級者くらいになってメーカーと直取引とかしだすと中国相手でも並行輸入について考える時が自然とくると思います。

私も過去にメーカーに問い合わせて日本に代理店がいるので仕入れができないけどアリババで売ってるじゃん!なんて事があったのでそこで初めて並行輸入として仕入れを行いました。

中国輸入メーカーではあまりやられてない方法ですので今後機会があれば試してみて下さい。

もしかすればもしかすると思います。

Pocket