Amazon中国輸入でOEM販売する方法

Pocket

今回はAmazon中国輸入に取り組んでいる方からOEMについて質問があったので書いていこうかなと思います。

というか結構多いですねOEMについての質問は。結構というかめちゃくちゃきます。

始めは相乗りでいいと思いますけど1年くらいしてAmazonの仕組みとか仕入れとかに慣れてきてそこそこ利益出せえるようになったらまあOEMに行くのは普通かつ王道の流れなのかなととも思います。

という事で軽くかつヘビーにAmazon中国輸入でのOEMについて書いていきます。

Amazon中国輸入OEMとは?

OEMの細かい意味はウィキペディアでもみて下さい。

OEM(Wikipedia)

簡単に言うと工場にお願いして独自のブランドで販売させてもらうようにすることです。

今私はアメリカと日本でOEM展開していますが全て工場にかけあっています。工場またはメーカーですね。

OEM専門にしているメーカーもいれば独自ブランドで販売もしているしOEMも受けるよ、みたいなメーカーもいます。

これらをどうやって探しているかですがアリババで探した工場で日本から指示をして全て完結する場合もありますが香港などの展示会に出かけて工場にOEMの依頼をすることもあります。

展示会まで行くのはアリババで無い商品などを探しに行くためですね。

でOEMさせてくださいよーって言って交渉がまとまれば独自ブランドとして販売権利を得ることができるのです。

キングオブ中国輸入OEMブランド

因みに上の画像はANKERのbluetoothスピーカーですがこれなんかはキングオブ中国輸入OEMと言った感じの商品ですね。他にも多くのAmazonを中心に販売している大手中国輸入OEM業者は複数いますがANKERは中でも結構有名です。

上の商品なんかは笑えるくらい売れてると思いますよ。

是非どんな感じでやっているか見て参考にしてみて下さい。ただ中国輸入商品にブランド名入れてるだけなんで。表面的にはね。

OEMする意味

そもそもOEMする意味なのですが独自ブランドなので独占で販売できるのです。自分以外に販売者がいない状態なのでAmazonだけでも当たれば爆発的に売る事が可能になるわけです。

ただ他の会社が同じ商品をOEMしたらブランド名は違うけど商品は同じなんて事もありえる分けです。

OEMのメリット

メリットは上で書いたように当たれば爆発的に独占で販売することができるようになります。

相乗りの心配なんてなくただただ商品を補充する事だけ考えていればいいのです。

OEMのデメリット

逆にデメリットはMOQがあることですね。あとブランド名考えて商標取るのにお金かかったりすることもデメリットと言えばデメリットです。

MOQというのはMinimum Order Quantityの略で、最小発注数の事です。

でそのMOQって大体1000個単位なんですね。というか中国企業は基本2000個を提示してきます。まれに交渉して1000とかもありますが基本2000ですね。ケースバイケース。商品によりけりです。

なのでお金がいります。1個1000円でもMOQ2000で200万円ですからね。間違いなく売れるのであればいけばいいですが残念ながら私が思うに100%売れる商品ってなかなか無いです。

売れる商品というか売れる方法ですね。あるジャンルの商品がAmazonでめちゃくちゃ売れてても自分が出した同じような類似の商品も売れるとは限らないです。

それはカタログの作成方法が悪いのか価格が高いのか他にライバルが出てきたのかとかいろんな要素があるので理由はケースバイですがMOQが多いとそれだけリスクにもなると言うことです。100パーはありえない。

OEMはリスキーなのか?

当たれば天国、スベれば地獄、相乗りと比べて若干リスキーといえばリスキーです。

なので最悪のケースを考えてOEMするべきです。もちろんキッチリリサーチをしておく事が前提なので1000個仕入れて1個も売れないとかは無いですが同じタイミングで同じようなライバルが出てくるとかそいつがスゲー安い価格で売ってくるとかあるのでそういう想定ができる範囲で起ころうることを考えてやればまあそこまでリスキーでは無いとは思います。

できれば利益がゼロくらいで売り切る、最悪ちょいマイナスくらいのリスクであれば受け入れるべきです。

もっとリスク無くOEMする方法もありますので始めはそこからやるべきだと私は思っています。出来るだけ小資金かつリスク少なくでも当たれば結構大きい。そういうのがいいと思わないですかね?そういうのいいですよ。

OEMの始め方

OEMの始め方は非常に簡単でオリジナルブランドとして販売したいものがあったらそのメーカーに「OEMできませんか?」と聞くところから始まります。

中国メーカーは比較的というかかなり多いです。OEMしてくれるところ。とりあえず聞いてみたらいいと思いますよ。「Can I OEM this product?」って聞けばなんかしら答えてくれます。

アリババは大体やってくれるよ

アリババにあるような商品は大体やってくれます。見分けるとしたら商品ページのどこかに「OEM」って書いてあるか見ればいいです。

で「Can I OEM this product?」って聞けば何かしら答えてくれます。MOQとか作成期間とか金額とか教えてくれます。

アリババ以外でももし「OEMできればなーこれ」って思う商品があれば聞いてみればいいと思います。「Can I OEM this product?」って聞けば何かしら答えてくれます。

ブランド名・商標・デザイン

OEMするには欠かせないものの説明になりますがまずブランド名ですね。というかまずというかこれだけと言えばこれだけです。何かしらブランド名を考えて下さい。

最悪ランサーズ

もうどうしても「いい感じのブランド名が思い浮かばんわ」ってなったらランサーズとかで募集すればいいと思います。1万も払えば面白いほど募集があります。多分数百はあります。

考えるだけですからね、手を動かす必要がないのでガンガン募集があります。中には適当だなこれ、っていうのも沢山ありますがいい感じのもあると思うのであなたはそれをチョイスするだけです。

商標について

商標は自分の商品だという主張ですね。でパクられないようにするために法的に保護される物です。例えばSONY以外はSONYと書いたイヤホンとか売れないじゃないですか。そういうことです。

で自社オリジナルブランドを作る場合は商標を取る必要があります。じゃないと保護されないのでパクられてしまいます。SONYがSONYって商標をとっていなかったら私やあなたがSONYと書いて売っても問題ないのでそれじゃまずいので保護するために商標を取るわけです。

因みに商標は日本は日本、アメリカはアメリカと別々で取る必要があります。結構面倒臭いですが普通は大体日本からですよね。

商標取得のタイミング

商標を取らないとまずいことになりますよ、と書きましたが実は私はちょっと後に取ればいいと思っています。

例えばあなたが「モニモニ」っていうブランド名で子供の玩具ブランドを作ってAmazonで売ろうとした場合まず1つ2つ「モニモニ」で商品作ってそれなりに売れて軌道にのってきたら商標取得に動けばいいと思います。

じゃないと商品が全然売れなかったりブランド名を変えたくなったりする場合もあると思うので。パクられるかもしれないとか思うかもしれないですが、まあそうそうないと思います。

よほど爆発的に売れているブランドになったら意図的にパクって最悪商標も取られるなんて事もあるかもしれませんがそうそうないです。

お金もかかりますから、まあそれなりに軌道に乗ってきてからでいいと思います。

因みに商標をとる場合は特許事務所に頼みます。自分でもできますが。

あと考えたブランド名がすでに商標取られていないか事前調査をする必要もあります。

このサイトはそこら辺詳しく書いてあるので参考にどうぞ!

商標登録応援サイト

ここまできたら後は依頼するだけ

ということでOEMしたい商品が見つかったら

  1. OEMしてくれる工場を探す
  2. 価格・MOQを聞いて交渉をまとめる
  3. ブランド名を決めておく (商標の事前調査とロゴデザインも)
  4. 工場にブランドロゴなどを提出して商品にプリントしてもらう(パッケージデザインも)
  5. 半月から1ヶ月くらいで完成(期間はケースバイケース)
  6. 販売開始
  7. 新しい商品も販売する
  8. 軌道に乗ったら商標の取得

といった感じでドンドン新商品を開発販売していく流れになります。

もちろん法的な事も忘れずにチェックしておきましょう。

中国輸入の仕入れ時に知っておくべき法律
中国輸入ビジネス実践しだしてアリババとか中国のサイト見てるとホント何でも売ってますよね。 でAmazon見ても同じ物が普通に売ってるのでそのまま仕入れればいいじゃんってなりますが実は色々と注意が...

最近私はbluetooth系の権利を取得したりしています。bluetoothのあのロゴはちゃんと申請しないと使ってはいけないのです。それこそ申請せずに箱などに印刷していたら商標権の侵害になってしまって大変な事になります。

まとめ

ということでOEMのやり方を順に説明してきましたがどうでしょうか?

実際そんなに難しくないです。本当にざっくり言えば商品にブランド名を入れればいいだけなんで。誰でもできますよね。ひつこいですが法的な事はちゃんと守ってね。

始めは相乗りでいいですがちょっと飽きてきたらブランド名を考えて何かOEMしてみてもいいと思います。

もし当たればびっくりするくらい売れますからね。自社商品ですので。

ということで是非参考にしてみて下さい。

Pocket