中国輸入の仕入れ時に知っておくべき法律

Pocket

pscマーク

中国輸入ビジネス実践しだしてアリババとか中国のサイト見てるとホント何でも売ってますよね。

でAmazon見ても同じ物が普通に売ってるのでそのまま仕入れればいいじゃんってなりますが実は色々と注意が必要だったりします。

それは何かと言いますと法律関係の事ですね。

Amazonってぶっちゃげていうと結構不法地帯的な感じも未だにあってそういう視点で見ると「法律的にどうなのこれ?」って物がかなりの数売られたりしてます。少しづつは対応してるようですがそれでも追いきれてないと言うのが現状です。

今は誰でも気軽にビジネスを始めれる時代ですのでそれだけプロになりきれていないアマチュアも多いと言うことです。

国内の転売であればしっかりメーカーが法律関係をクリアしたものを作っていますので問題ないですが中国はもちろん他の国からも仕入れたものは日本でそのまま売ってしまってはダメな物も非常に多いです。

あなたが中国から商品を仕入れたのであれば責任者はあなたになります。何かあればあなたが全責任を負うことになります。逃げる事はできません。

Amazonから注意のメールが届くだけならましですが最悪突然管轄の機関から電話がかかってくることもあります。それで罰金なんて事も全然ありえるので知らなかったじゃ済まされないです。そうなったら逃げる事はできません。

中国輸入ビジネスのスクールとかやってる人って何故かここらへんの事あまり言わないし最悪スルーなんて事も多いらしいです。何でなんですかね?私は非常に重要だと思うのですが。

と言うことで注意すべき商品について書いていきますので今後の仕入れ時の参考にして下さい。

知っておいたほうがいいよ!こんな法律

私はこれまで中国から商品を仕入れてきて商品を売るために色々な法律があることを知りました。

私は中国輸入ビジネスを特別誰かから習ったとかではなく独学で手探りで始めましたので初めは全然知らなかったです。

普通の消費者は商品を作るのにいろんな法律があるなんて事意識する機会も少ないので全然知らないです。マジで何も知らないです。

中国をはじめ外国から仕入れたものは日本の法律に対応した商品で無いことが多いのでしっかりクリアしたものを販売していきましょう。

そこら辺適当にやっておくと後から痛い目見て大変な事になるかもしれません。

と言うことで中国輸入販売者が注意するべき法律を上げていきます。

  • 食品衛生法
  • 薬事法
  • 電波法
  • 計量法
  • 電気用品安全法
  • 消費生活用製品安全法
  • 家庭用品品質表示法
  • 著作権法.商標権法

などなど

他にも製品に関する法律はあると思いますがココらへんくらいはしっかり理解しておくべきです。

基本的には経済産業省などの管轄ですので仕入れる際に検索で調べても分からない事は電話して聞くようにしましょう。私もかなりの回数電話して聞いたり確認してます。

ということで先に上げや法律について書いていきますが残念ながら私は法律家ではないので詳しいことは電話して聞いて下さい。検索すればすぐに対象の機関が分かります。

ここに書いてある事はかなりざっくり概要だと思って下さい。

「こういった商品を仕入れて販売する予定ですが何か法律的に注意するべきことはありますか?」と電話して聞けばおじさんやおばさんが親切丁寧に教えてくれます。

食品衛生法

食品衛生法

食品衛生法ですが名前を見ると食品に関する事だけだと勘違いしがちですが実は子供のおもちゃなども対象になります。細かくいうと6歳未満の子供用玩具ですね。

小さな子どもはおもちゃを口にいれる事も多いので体に害がある成分があるとまずい分けです。なので販売する際は食品衛生法検査に出してパスした物でないといけません。

またお皿やキッチン用品なども同様です。ざっくりですが食品以外にも商品に使われている成分が体に入る可能性が高い商品は食品衛生法の対象と思ってもいいと思います。

配送業者によっては日本へ送ってくれない事もあります。

ケーキをデコレーションする時に生クリームを絞ってニュルニュル出すやつのセットみたいなのを仕入れましたが日本まで送れないなんて事もありました。

因みに最近も私はある商品を食品衛生法検査に出してパスしました。もちろん検査に引っかかった事もあります。その場合は検査費が全て無駄になります。そして胃が痛くなります。

なのでガチで売りたい、またはガチで売れるだろうと思う物は検査に出してもいいですが相乗りでちょろちょろ売るくらいの物は費用も結構するのでハッキリ言って割に合わないと思います。

薬事法

薬事法

薬事法ですが薬品や化粧品、医療機器などについての規制です。

またそれらの広告表示についての規制もあるようです。

以前椅子に座って背筋を伸ばすための機器を仕入れようと思ったら在中スタッフから「これ日本まで送れないです!!」って言われて断念したことがあります。

事前に知れてよかったですが医療的なニュアンスを含む商品を扱う際は注意が必要です。

薬品や化粧品を扱うことは少ないと思いますが誤って仕入れないように注意して下さい。

このページが薬事法について分かりやすく解説されてます。

薬事法について 医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器の品質、有効性及び安全性の確保のために必要な規制を おこなうとともに、指定薬物の規制に関する措置を講ずるほか、医療上特にその必要性が高い医薬品 及び医療機器の研究開発の促進のために必要な措置を講ずることにより、保健衛生の向上を図ることを 目的として制定

電波法

電波法

次に電波法ですがこれは電波を発信する機器についての法律です。

最近だとスマホとかはもろそうですよね。後はbluetoothもそうです。

そういった機器は検査に出して基準をクリアして技適マークを付けないと販売できません。

ただこれに関しては色々疑問もありました。中国から輸入しているであろうスマホとかパソコンとかタブレットとか売りまくってるサイトって結構あるんですね。Amazonとかではなく。そういうの見ても技適通してるわけじゃないんです。でも売りまくってます。

で最近は外国人日本に来まくって母国のスマホとか使いまくってるわけじゃないですか。そういうのはどうなんですか?っていう思いなどもあったんですがどうやら最近やや緩和されてるみたいです。

「外国人旅行者は90日間なら技適の無い機器使っても大丈夫」らしいです。

あと総務省に電話で聞いてもみましたがいまいちハッキリした感じでバシッと言わないんですね。

私「技適の無いものを輸入して海外で利用する人向けに販売するのはどうなんですか?」

総務省の人「それは大丈夫ですが、、、、」

みたいな感じです。

最終的には「売る際は販売ページの何処かに海外用と書いて売れば問題無い」と言うことで電話を切りました。

結局何が言いたいかと言うと非常に曖昧な法律だと言うことです。

技適の事を「限界の法律」なんて書いてる記事も多く見ます。まあもし扱う際は総務省に問い合わせるなどして自己責任でと言う感じでしょうか。

計量法

計量法

これは最近知りました。計量する機器にも法律があって一定の基準をクリアする必要があるようです。

まあ確かにそこら辺なあなあなのもどうなのって気もしますが恥ずかしながら知りませんでした。

中国から輸入する計り系の商品は注意が必要です。

製品安全に関する法律

これから上げる法律は製品の安全に関わるものです。

中国輸入ビジネスでは見過ごせないものばかりですので是非知っておいて下さい。

詳細はリンク先の経済産業省のページが非常に参考になります。

電気用品安全法

電気用品安全法

電気製品にも法律があります。非常にざっくりとなりますがコンセントが付いている製品が対象です。

PSEマークと言えば分かる人もいるかもしれませんが検査に出して基準をクリアする必要があります。これに関してもAmazonでPSEマークが無いものが売られまくってます。

コンセント部分と本体が別々になっている物はアリババでPSEマークを取得しているコンセントを購入して入れ替える方法もあったりはしますが初めはおとなしく扱わない方が無難かもですね。

私は秋葉原にPSEを取得するために相談に言った事もあります。

PSEマークを個人レベルで取得するには結構な専門知識と資金が必要になるのであまり現実的では無いかもです。代行業者に頼む事もできますがそれもまた結構な金額します。

詳細は経済産業省のホームページで確認して下さい。

消費生活用製品安全法

消費生活用製品安全法

電気用品安全法ではPSEマークが必要でしたが消費生活安全法ではPSCマークを取得する必要があります。

これも決まった特定の商品に対して規制があります。ヘルメットとかライターとかレーザーポインターなどがこれらの対象です。何か製品自体がしょぼいと怪我とかしそうな物が多いですね。

私は何も知らずにアリババからレーザーポインターを仕入れて販売しようと思ったら急にAmazonページが削除されてた事からこういった法律があることに気づきました。

このようにAmazonがキッチリ対応してくることもあります。そして残念ながら仕入れた商品は全て処分するしかなくなりました。

まあ経済産業省から電話が来る前で良かったと思うしかないですね。知らなかったでは済まされないので。

家庭用品品質表示法

家庭用品品質表示法

これは対象の製品において材質や製造国などを記載する必要があります。服には必ず「ポリエステル30% Made in China」とかかいてありますよね。あれです。

あなたもこの服が何からできててどこで作られた物か一度はタグを見て確認したことがあると思います。

消費者が製品の品質をしっかり理解するための物ですのでこれも対象の商品を仕入れる際は注意して下さい。

消費者庁のページ。こちらも非常に参考になります。

著作権、商標権について

これらは日頃からよく聞く言葉なので馴染みがあるかもしれませんね。

要するに「パクリ製品はダメよ」と言うことです。

著作権と商標権ってごっちゃになりやすくてハッキリ違いを理解している人は少ないと思うので一応は違いとどういった法律なのかくらいは理解しておく必要があります。

アリババでも「これ許可とってないだろうなー怖いなー」っていうのが非常に多いです。普通に日本のキャラでドラえもんとかマリオとか。海外もディズニー物とか怪しいの多い気しますね。

あとコスプレ系も色々とややこしいです。完全に特定のキャラクターと判別できる物はアウトの可能性が高いです。

まあ色とか形とかがあまりにもそのキャラまんまなのは避けておいた方がいいですね。

特定のキャラじゃない抽象的なサムライとかバニーガールとかは大丈夫だと思います。

著作権と商標権

    著作権       商標権

これらの違いについてはコチラのサイトがまとまってて分かりやすいです。

著作権について詳しく学びたい方はコチラも合わせて読んでおいて下さい。

ざっくり言うと偽物とかがダメなんですが自分の仕入れるギリギリで「これって偽物なの!!」って気づいたりしたこともあるので注意が必要です。自分が知らないものでも偽物の対象になったりするので。こういうケースはかなりあります。

特許とか商標とかを調べる際はこのサイトが非常に役立ちます。

使いか方がいまいち分かりにくいですが電話で問い合わせる事もできます。

まとめ

ということでざっくりですが中国輸入を始めるにあたって知っておいて欲しい法律について書いてきました。

意外と知らない事ばかりじゃなかったですか?

でも商品を輸入して販売するには全責任が全て自分ですからしっかり把握して取り組みましょう。

このように書くと「うわー中国輸入大変じゃんかーもう辞めるわー」ってなる人もいるかもしれませんが全然そんな事ないですよ。

まずは少しづつでも仕入れて販売することから初めていきましょう!!

っていうかこんな事くらいで辞めるのであれば辞めてくれたらライバルが減るので私的には非常に助かりますが。

Pocket