簡単に実践できて稼ぎやすい中国輸入ビジネス手法を公開します

Pocket

中国輸入ビジネスの全体像
 
 
「中国輸入ビジネス」と言う言葉はよく耳にするかもしれませんがいったいどういうビジネスかしっかり理解できていますか?
「中国から商品を輸入して日本で売るビジネス」と言えばそれまでですがこれから実践していく為にしっかり全体像を把握しておきましょう。
 
仕入先や販売方法などは様々で色々な実践方法があります。
 
これらを間違えばいくらがんばっても稼げないですが正しく実践すれば楽に継続的に稼ぎ続ける事が可能になります。稼げなかったら意味ないですし大変な事になります。
 
これから稼ぎやすい中国輸入ビジネスの全体像について解説していきます。

中国輸入ビジネスとは?

先にも書きましたが中国輸入ビジネスは「中国から商品を仕入れて日本で売る」ビジネスです。
これから始める初心者の方は中国から仕入れて日本で販売するまでの流れがどういったものから成り立っているのかを知る必要があります。
上げていきますと
  • リサーチ
  • 仕入先
  • 代行業者
  • 販路
ざっくりですが中国輸入ビジネスはこの4つの要素から成り立っています。
このように書くと多少めんどくさそうに感じるかもしれませんが非常に単純ですので最後まで読んでみてください。
自分が何をするべきかわかってもらえるはずですし中国輸入ビジネスがいかに簡単に稼げるものか分かってもらえると思います。
 
では一つ一つがどのようなものなのか詳しく解説していきます。

リサーチ

まずはリサーチですね。リサーチと言うのは商品探しの事です。
日本で売れている商品と中国の仕入先をみて計算して利益が出そうな物を探します。
 
中国輸入に限らず物販ビジネスで一番重要なのがこのリサーチになります。
 
ここは一番力を入れるべきところです。
何故かというと基本ライバルとの差別化はこのリサーチでしかできません。
 
日本で売れている中国商品をいかに探すか。
その商品を1元でも安く仕入れるのはどうすればいいか。
ライバルと差別化できないか。
 
それを考えるのがリサーチです。

仕入先

次に仕入先になりますがこれはリサーチの段階で探す事になります。
初心者の方のメインの仕入先はアリババとタオバオになるでしょう。
 
他にも工場に直接交渉したり他の通販サイトやメーカーに直接交渉することもあります。
ここらへんはライバルとの差別化できるところになりますがはじめはこんな事しなくても十分に稼ぐ事ができますので少し先の事だと思っててください。
逆に中級者以上の人は工場との直接取り引きなども考えていいのではないでしょうか?
 
では初心者がメインで使うアリババとタオバオについて解説します。

アリババ

アリババのロゴ

私のメインの仕入先は中国輸入を始めた初期から今でもアリババです。
アリババは商品を作っている工場がそのまま販売しているところも多く基本業者向けのサイトです。
 
非常に価格も安く交渉などもしやすいのでこれから始める方はしばらくはアリババメインでいいと思います。
アリババ使うだけでも月100万円の利益は余裕で出せます。
 

タオバオ

タオバオロゴ

タオバオも使いますがアリババに比べたら非常に使用頻度は少ないです。
 
アリババには無い商品を仕入れる時や初めて扱う商品のサンプルを1個か2個だけ買うときにはタオバオを使います。
 
何故かタオバオの名前を使った代行業者が多いですがアリババの方が断然使えます。
 
と言うことで今後メインの仕入先はこの2箇所と言うことです。
それだけでも余裕で月利100万いけます。
 

 代行業者

では次に代行業者です。
仕入れたい商品が見つかったら代行業者を使って仕入れを行います。
というのも仕入先に上げたアリババやタオバオですがこれらは日本から直接買うことができません。その為代行業者を使う事が必須です。
 
で中国輸入の代行業者って調べたら山のようにあるんですね。めちゃくちゃあります。
 
私は事情があって始めから今でもイーウーパスポートという代行業者を使っていますがそれ以外にも腐るほどあります。
 
で大体どこの代行業者も商品金額に5〜10%の手数料か為替手数料がかかります。
 
ここでは長くなるので別記事にしますが手数料を支払って代行業者を使うのが必須だと言うことを知っておいてください。
 

販路

では次に販路ですね。
中国から仕入れた商品をどこで売るかと言うことなんですがこれもリサーチの段階で決めておく必要があります。
 
というのも同じ商品でもどこで売るかもによって価格も変わってきますし売れるか売れないかも変わってきます。
 
なのでリサーチ段階でどこで売るかも決めておく必要があります。
 
現在使える代表的な販路ですが
  • Amazon
  • 楽天
  • ヤフーショッピング
  • ヤフオク
  • メルカリ
  • クーポンサイト
  • バイマ
になります。

Amazon

Amazonのロゴ

いきなりで申し訳ないですが正直言いますと現時点ではAmazon一択です。
稼いでる人は必ずAmazonを使っていますしそれ以外はあくまでも余力があって販路を増やしたいときに時に使うもの程度で考えてもらっていいです。
 
FBAもあるので商品が売れれば自動で発送してくれますし手間も一番かからないです。
 
商品ジャンルにもよりますが基本一番売れるのもAmazonです。
 
一つデメリットを上げるとすれば登録もしやすく参入障壁が無いに等しい為ライバルも多い事ですかね。

楽天

楽天のロゴ

楽天もAmazonまでとは言わないですが売れるサイトです。
ただAmazonはFBAという半自動化できるシステムがありますが楽天にはそれが無いので労力もAmazonの数倍かかります。
 
売れた商品は基本自社で発送ですので色々とめんどくさいですがそれなりには売れるのでAmazonの次に抑えておきたい販路です。
 
ただ出店手数料は高いし法人でないと登録できなかったりするので結構ガチ向けな販路です。
 
手間もかかるので副業で使うサイトではないですね。

ヤフーショッピング

 ヤフーショッピングのロゴ

正直個人的にはあまりいいイメージの無いヤフーショッピングです。
楽天ほど売れないし手間も同様にかかります。
 
ただ楽天と違って出店手数料は無料なのでとりあえずの出店は誰でもできます。

ヤフオク

ヤフオクのロゴ

ヤフオクは基本販路というよりAmazonで値崩れなどで売れ残った商品を販売するのに使います。
ヤフオクに限っては皆さん知ってると思うので詳しくは書かないですが大量に販売したりするのには向かないです。

メルカリ

メルカリのロゴ

メルカリはここ数年で急成長したスマホ向けフリマサイトです。
 
ものによっては結構売れますが楽天と同じく自社発送ですし手間もかかります。
またメルカリの運営方針は個人間取引の場の提供です。
なのでツールを使って自動出品をバンバンしている業者は排除しているので大量に売るには適さないです。
 
「色々ストレスを抱えながら実践するよりも始めからおとなしくAmazon使おうよ」と言うのが私の考えです。
 
色々と運営と戦うのは好きな人は使ってもいいかもですが私は基本使う事は運営方針が急激に変わらない限り無いですね。

クーポンサイト

ポンパレのロゴ

  • グルーポン
  • ポンパレ
  • ラクーポン
  • くまポン
などのクーポンサイトで売る方法もあります。
サイトによっては審査が厳しいためなかなか出品できなかったりしますが1商品を短期間で一気に数を売ることが可能です。
 
サイトや商品にもよりますが数100個から1000個以上短期間で売ることも可能です。
 
また販売してから発送までの期間がある為無在庫販売(売れた数が分かってから仕入れる)も可能です。
 
と書くと美味しい事ばっかりのようですが全体的に価格が安めな為薄利になりがちです。
あと手間もすごいです。仮に1000個売れたらそれだけ梱包発送しないといけないので。
 
どちらかというと上級者向けなのでこれも余力ができたら使用を考慮すればいいと思います。

バイマ

バイマのロゴ

バイマはアパレル販売に限定されますがそこそこ売れます。

始めからアパレル展開する方は少ないですがファッション好きな方はアパレルやってみてもいいかもですね。

中国輸入的に考えると中級者以上の販路になります。

まとめ

最後にまとめになりますが初心者の方は普通にアリババ、タオバオ仕入れAmazon販売でいいと思います。
 
それが言いたいが為に色々と書いてきました。
 
だっていきなり結論だけ言われても「なんで?」って思うじゃないですか。
 
これで月利100万くらいはいけますのでそしたら販路などは考えていけばいいと思います。
 
販売する商品も相乗り出品とオリジナルブランドを展開してAmazonに独自カタログ(販売ページ)を作って販売する方法があります。
 
初心者から中級者は普通に相乗り出品だけで月利100くらいはいけるはずなのでよくばらず基本に忠実に実践していきましょう。
 
 
マジで普通にガッツリ稼げますのでね。
 
Pocket