Amazonのカテゴリー審査を確実に通す方法

Pocket

領収書

中国輸入でも国内仕入れでもなんですがAmazonをメインの販路にしている限り避けれないのがカテゴリー審査になります。

つい1.2年前まで審査も緩くてそこら辺のお店で商品買ってきてレシート提出すればすぐに審査を通過したなんて時代もあったらしいですが今はAmazonもどんどん締め付けが厳しくなってきています。

最近もニコンやキャノンのようなカメラのメーカーやソニーやパナソニックなどのような家電メーカーも審査対象になりました。中古は大丈夫ですが新品は審査が必要です。

これってどういう事かと言うと単純に転売的な方たちを締め出そうとしているのではないかと思われます。Amazonをちゃんとガチで商売やってる方達の場にしたいと。恐らくそうだと思います。

なぜそう思うかと言うと大体のカテゴリーの審査基準を見るとそう思わざる得ないといった感じですね。これから説明していきます。

あとちなみに私は中国から輸入した商品でドラックストアカテゴリーの審査を最近通しました。どうしても売りたいしかなりの利益が見込める商品だったので頑張りました。

で通常とは違うちょっと変わった審査の通り方をしたのでそちらも共有していきます。

まあ「審査通らん通らん」って言ってる人多いけどちゃんとガチでやってれば普通に通るので心配はいらないです。変なセコイ商売は辞めましょうと言うことです。

転売系の人には厳しすぎる審査項目

どのカテゴリー審査にも共通しているものがあります。

それはまず「大口出品者」であることです。これはさっさと大口契約して解決です。

でそれ以外に苦戦する人が多いみたいですがそれがこれですね。

書き出しますと

承認には請求書や追加情報が必要です。

  • 30点以上の商品の注文が記載された請求書を提出し、継続的に購入(販売)されていることを証明する必要があります。
  • このカテゴリーの申請処理では、発注書または領収書を使用できません。
  • 小売業者が発行する請求書には、対応していません(小売業者には、ホームセンター、ドラッグストア、スーパーマーケット、デパート、個人商店などが該当)。
  • オンライン小売業者が発行する請求書には対応していません。

要するに「そこら辺のネット、店舗どちらでも小売業者から買ったものではダメです。あと30個以上仕入れた請求書じゃないとダメです。」って事です。

先にも書きましたがこの条件って転売系の方達は厳しいじゃないですか?基本転売って小売から買うし30個以上同じ商品買うことも稀だと思うので。卸業者から仕入れてるのであればもう転売ではないですしね。

確実に審査を通す方法

では次に審査の通し方ですがこれは普通に卸業者からその審査を通したいカテゴリーの商品を仕入れてその請求書を提出するだけです。

普通に正面突破ですね。でこう書くと「その卸業者探すのと卸してもらうのが難しいんじゃん」ってなるかもしれませんが確かに個人なんかが電話しても殆どは相手にしてもらえないです。法人であればだいたいいけますが個人はちょっと厳しいです。

法人の場合

法人でやってる人はその商品名とかで検索してメーカーなどに電話して「この商品を卸してください」と何件か電話すればいけるはずです。多少赤になったしても審査を通すためと割り切って仕入れましょう。

コツは大きい有名なメーカーじゃなく名前聞いても誰も知らないようなメーカーの方が卸してもらいやすいです。

個人の場合

NETSEAのロゴ

問題は個人事業の方ですがこれはネット卸し業者しか無いのではないかと思われます。

「ネット 卸業者」などと検索すると卸業者が探せます。有名所は「NETSEA」とかですね。ここで審査カテゴリー対象の商品を扱ってるお店を探して卸販売をしてもらいます。

でちゃんと請求書ももらってそれを提出すれば問題ないはずです。

電話するよりかなり難易度は下がりますしおすすめです。

中国輸入商品でカテゴリー審査を通す方法

ではやっと本題ですが中国から輸入した商品でも基本は同じです。

卸業者かつ30点以上仕入れた請求書が必要です。

ただ一つ面倒くさいのが向こうのお店ってなかなかちゃんとした請求書とかくれないんですよね。アリババから買った店舗に何度か中国人スタッフに「請求書もらえないか聞いて下さい」って言っても「そんなの無いと言われました」とか商品名も何も記載の無い適当なのしかなったり。

在中スタッフがいないとなおさらですしね。

で今回も同じく苦戦しました。なかなかドンピシャに欲しいのくれないから。

審査に通った流れ

はじめはちょっと適当な感じの卸し業者からもらった請求書をAmazonに提出しました。

そしたらこういうメールがAmazonから届きました。

Amazon
ご担当者様

Amazonテクニカルサポートよりご連絡いたします。

申請いただいたカテゴリーの審査結果についてご案内いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カテゴリー: ドラッグストア

慎重に審査した結果、残念ながら今回の出品権限の付与は見送らせていただくことになりました。

申請いただいたカテゴリーの出品を許可するには、以下が必須条件となります。

[★★★必須条件★★★] ————————————-
一、公的機関で発行された経営許可書のコピー
二、以下の条件を満たす中国公的機関で発行された仕入れ領収書(発票(ファピィオ))

1、申請するカテゴリーの商品が3点以上がございます。
2、レシートや領収書ではございません。
3、小売店が発行した発票ではございません。
4、オンライン小売業者からの発票ではございません。
————————————-

このたびは審査にご協力いただきありがとうございました。ご希望に沿えず心苦しい限りですが、ご理解、ご了承いただけますようお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合せください。
今後とも、Amazon.co.jpをよろしくお願いいたします。

と言う感じです。重要なのは「必須条件」のところですね。
はじめ良く意味が分からなくてそれで問い合わせたりもしたのですが結局書いてあるのは
  • 中国の公的機関の店舗営業許可書のコピー
  • 中国の公的機関が発行した領収書(小売業者はダメ)

この2点です。

店舗営業許可書は分かるんですが下の「公的機関が発行した領収書」って言うのが意味不明で中国人スタッフに聞くとなんかそういうのがあるらしいんですね。

普通日本国内から仕入れたらお店の領収書だけでわざわざ公的機関は領収書発行しないじゃないですか?だからこの意味が分からなかったので聞いたらどうもあるらしい・・・

結局書類は揃わないまま

で「あるらしい・・・」で終わってる理由なんですが結局その書類を入手も提出もすることなく審査に通ったからなんですね。

何度かAmazonと必死こいて連絡取ったりはしてたんですが最後に問い合わせた内容は先程も上でちらっと書きましたが

これまで中国から商品を仕入れて国(公的機関)から発行された領収書など受け取った事がありません。

例えば日本国内で仕入れても発行されるのはお店からの領収書のみですが
中国は何かそういったシステムがあるのでしょうか?

日本で言うと何に当たるものか教えていただけますと仕入れ先に指示を出しやすいのですが教えていただけますでしょうか?

大体こんな感じの内容のメールです。

でこのメール送って仕入先にも「こういう書類が欲しい」と連絡して待っていたらアマゾンから電話がありました。

内容は「審査の件について確認させて欲しい」と言うことで「あー今仕入先に書類用意してもらうよう伝えてますのでー」なんて言いながらもいくつか質問に答えました。

質問の内容はざっくりこんな感じです。

  • 扱う予定の商品
  • 会社名
  • 住所
  • もしリコールがあったらそのように対応するか
  • 品質チェックの方法
  • 仕入先会社名
  • 売上予定金額

多分これで全部だったと思います。で答えた内容を元に再度審査しますって事なので待ってたら審査通ってました。

これはイレギュラーな審査通過パターンな気もするのであまり参考にならないかもしれないですが以上が一応私の通過した流れです。

Amazonカテゴリー審査のまとめ

色々書きましたがちゃんと本質を見失わないようにしてくださいね。

卸業者から30点以上仕入れる。

言ってみればこれだけなんですね。だから中国仕入れだろうが国内だろうがちゃんと正面突破すれば誰でも審査通ります。

私の場合は多少イレギュラーでしたがでもちゃんと卸業者から買ってますしドンピシャの書類は揃いませんでしたが一応ざっくりした作りでも領収書的な物も提出してますので。

中国から輸入した商品を売りたい場合でも審査だけの為に国内で卸業者探すのもアリだと思います。っていうかそっちの方が多分楽です。

なかなかちゃんとした領収書もらえないのでーー!

ちなみに書類は日本語、英語、中国語は対応してるみたいです。それ以外はダメらしいですが。

Pocket