Amazonの真贋審査を確実に通す方法2

Pocket

アリババ

前の記事ではAmazonの審査を通す方法について書きました。

Amazonの真贋審査を確実に通す方法1
ここ最近あるカテゴリーの商材で調子よくAmazonで販売していましたが4つの商品が立て続けに審査になってしまいました。 ようするにあなたの販売している商品を本物だと証明しなさいと言うことです。 ...

基本的にはこの方法でパスできると思いますが今回の地獄のような連続審査の中で記載した書類だけではなく追加書類を請求されたパターンもありましたのでこれについても触れておきたいと思います。(昨日さらに2商品が追加審査になりました・・・)

まあこれらの追加書類もきちんとした正規代理店から仕入れをしていれば対応は可能でしょう。

という事で稀なケースかもしれませんが追加資料についても少し解説しておきます。

Amazonの審査に追加書類を求められたら

Amazonからのメールの一部を抜粋しますと

仕入れ先様が当該商品の正規品を扱っていることがわかる資料をご提出いただきますようお願い申し上げます。

※当該商品の正規品を扱っていることがわかる資料につきましては、各仕入れ先様が当該商品ブランド会社より正規に当該商品の取り扱いを認められたと確認できる資料(URL、書面等)となります。

要するに「仕入先のINVOICEは認めるけどこの仕入先が本物を扱ってる証明書見せろよ、偽物売ってる店かもしれないじゃん」って事です。

こうなった場合は仕入先に連絡を入れるしかないです。

INVOICEは基本仕入れ時に発行してもらうものですが証明書の類はわざわざもらわない事が多いです。なので仕入先に連絡するわけですがここで無いと言われたらアウトです。

そう残念ながらアウトなんですね。残念ながら。

だけどこのような追加書類を求められたら用意せざるおえないです。

なので実は仕入れ前に確認しておいた方がいいです。

追加書類を求められるのは何故か

今回同じブランドでも追加書類を求められたケースと求められずに審査が通った場合がありました。

この差は何なんだと言うことですが恐らく審査している人の個人差も多少はあるのかなと思います。

あとは仕入先ホームページに正規代理店であることの証明になるような物があるかないかにもよると思います。

あとブランド・メーカー直仕入れの場合はINVOICEにメーカー名の記載があるので追加書類は求められないです。まあメーカー直なんでそりゃそうですけどね。

私が用意したのは2種類の書類

こういったケースになった時に私が用意したのは2種類の書類でした。

まあ今回のケースはたまたま2種類用意できましたが通常は1種類でいいと思います。

  • 仕入先が正規代理店であることの証明書
  • 私のAmazon店舗がブランドから公式販売店と認められている証明書

この2種類です。

仕入先が正規代理店であることの証明書

これはブランドが発行して仕入先店舗名が記載してある証明書です。

証明書には色々な形式があるとは思いますがある程度知名度があってAmazonで売れてるようなブランドの場合は正規として認められてるところは持ってると思うので仕入れる前に確認したほうがいいですね。

私は確認してました。

アリババなんかだと明らかに安すぎる店舗に聞くと無い場合が多いですがそれはそういうことですね。そういうことです。

Amazon店舗証明書

これは多分まれなケースですがブランドによっては販路や販売価格などをキッチリ確認して統制しているんですね。

そういったブランドの場合はAmazonを通して「販売価格が安すぎる、いくらに合わせろ」みたいなメールが届いたりします。

また今回審査が相次いだので代理店を通してAmazonの店舗名や会社名など全て渡してAmazon店舗名の記載がある証明書も作成してもらいました。

もうこれがあればAmazonも「ハハー疑ってすみませんでしたー」ってなるしかないですよね。

私のショップが公式販売店として認められたわけですからね。

まとめ

ということで追加書類の提出をAmazonから求められたら以上の書類を用意して提出して下さい。

用意できない場合はアウトの可能性が高いですがひつこく仕入先に聞いてみましょう。

あと予防策としてはノンブランドでもなくOEMでもないAmazonで売れているメーカー品は始めから証明書があるところから仕入れるようにしてもいいと思います。

まあそんなに大きなメーカーでなければわざわざ証明書など作ってないケースもあるかもしれませんが一応聞いてみてあればもらっておいた方がいいですね。

これは代行業者を使ったアリババ・タオバオ仕入れでも同じです。

という事でいざという時に「あわあわ・・」ならないようにブランド品は事前に注意して仕入れるようにしていきましょう!!

Pocket