Amazon中国輸入で月100万稼ぐ為のリサーチ方法(Amazon編)

Pocket

今回は私が月利で100万達成した時のリサーチ方法について解説していきます。

100いったのは始めて半年くらいだったと思います。

初心者が始めやすく王道かつ応用の効く方法です。

なんか誰かの無料セミナーみたいなのに行って聞いて実践してそれ以降は特にセミナーとかコンサルとか教材とか何も買わずに今はもっとハイレベルかつハイクオリティーかつハイソサエティな事をやっていますのでそれはそういうことなんだと思います。

本質がここにはあるみたいな感じではないでしょうか。

ここではより詳しく解説していきますが以前書いた記事も大枠は書いてますのでそちらの記事とも合わせて読んで下さい。

中国輸入ビジネスで儲かる為にはじめにするべき事
私が中国輸入ビジネスに取り組みだしたのはひょんな事からで「なんとなくやってみようかな」と思ったからです。というのも以前は輸入じゃなくて国内の転売をやっていたんですね。 で知り合いでやっている人が...

ここではリサーチに特化して解説していきます。

という事でできるだけ詳しく解説していきますので是非実践してみて下さい。

まずはAmazonで売れている商品を探す

まずはAmazonを見て売れている中国商品を探します。

そこで使うのが以前の記事でも書いた「ノーブランド検索戦略」です。

最も分かりやすく確実な方法でこの方法でしばらく実践していけば違うリサーチ方法でも中国商品かそうでないかが分かるようになります。

1.「ノーブランド」でAmazon検索

Amazonで「ノーブランド」で検索すると中国輸入商品がわんさか出てきます。

その中から適当に何か選んでみてください。

2.商品選定

適当にとは書きましたが以下の基準をクリアしている商品を選んで下さい。

  • カート価格が1500円以上の商品
  • 法律的な事をクリアしている商品
  • 評価が入っている商品

これら3つの基準を満たした商品を見ていきます。

ではなぜこれらの基準を満たす必要があるのか解説していきます。

カート価格が1500円以上

この商品価格についてですがAmazonでは販売すると手数料がかかります。

その手数料を差し引いても利益を出せるのが大体1500円以上くらいかないう感じです。

もちろんあくまでも私の基準ですので1000円で売っても利益は出るものもあるにはありますがどちらにせよ薄利になるので大きな利益は見込めないのでパスする感じです。

始めはこのくらいの基準でいいと思います。本当は2000円以上でもいいくらいですがあまり欲張ってもアレなのでと言うことです。

法律的な事をクリアしている

商品を販売してみて色々な法律があることを知ることになると思います。法律ですから知らなかったではすまされませんのでしっかり法律を守って販売していきましょう。

Amazon販売で気をつけるべき法律についてはこちらを参考にして下さい。

中国輸入の仕入れ時に知っておくべき法律
中国輸入ビジネス実践しだしてアリババとか中国のサイト見てるとホント何でも売ってますよね。 でAmazon見ても同じ物が普通に売ってるのでそのまま仕入れればいいじゃんってなりますが実は色々と注意が...

これらの法律をクリアしているものを選びましょう。

評価が入っている

次に評価が入っている商品を選ぶ理由ですがあくまでも前提としてAmazonで売れている商品を選ぶ必要があります。じゃないと仕入れても売れないので。

でこの評価が入っているかいないかは売れているかどうかのざっくりとした基準になります。

もちろん後でモノレートとか使ってしっかり見ていくのですが片っ端から全て商品ページを開いていてはキリがないのでとりあえず3.4個くらいは評価が付いているものから見ていけばいいかと思われます。

その商品が売れているかを判断する

先程もあくまでも売れている商品を選ぶ必要があると書きましたが選んだ商品が売れているかどうかを見ていきます。これで一定数売れているのが分かって始めて仕入れができるか、仕入れ価格が合うか(利益が出るか)を見ていきます。

では例えばこの商品を選んだとします。

ノーブランド 英国風 一眼レフ カメラバッグ/ショルダーバッグ ケース (防水加工) レトロ 本革調 仕立て (レッドブラウン)

価格が1500円以上で評価も結構入っています。これだけ評価が入っている時点で売れている商品だと言うことが分かります。

ではどれくらい売れているか見ていきましょう。

売れているかを調べるのはモノレート

まずページを下に少しいくとkeepaのグラフが出てきます。

keepaなどツールについてはこちらのページで解説しています。

中国輸入ビジネスで稼ぐために必須ツール
中国輸入を実践していく上でツールは必要か必要じゃないかと言われたら必要です。私自身も幾つかのツールを使って実践しています。 ツールって基本的には時間短縮をするもので無くてもいいんですけど便利なツ...

これをみれば売れていることが分かりますよね。ランキングとグラフの動きで売れているかどうかを見極めます。

で一応モノレートでも確認します。モノレートを見るのはより確実な情報を得るためです。keepaでもいいのですがなんかモノレートの方が確実的な感じがするので一応見ておきます。

smasurfのリンクからモノレートへ飛びます。

モノレートのグラフで見るのは

  • 売れているかどうか(ランキングとグラフの動き)
  • 価格の推移
  • 出品数の推移

これらを見ていきます。

デフォでは3ヶ月のグラフが表示されていますので左の期間を選ぶところで1ヶ月の指定をするとより最近の動きを見ることができます。

売れているかの判断はランキンググラフの動きとランキングで見ます。

で実際にこの商品は売れているんですね。売れてる。

大体ランキングが2000~4000位くらいを行き来してるのでそこそこ売れてます。このくらいであれば仕入れ対象にしてもいいと思います。

という事で価格などの条件をクリアしていてかつ売れている商品を見つけましたよ。という事で次の段階に進んで行くことになります。

ライバル数もリサーチの重要項目

ライバル数も最後にチェックしておきましょう。先程モノレートを見たときでも出品者数を見ることができましたが残念ながら出品者数=ライバル数ではありません。

最安値近くで販売している大口出品者

あなたは仕入れた商品を最安値にして販売していきます。Amazonでは基本大口出品で最安値で売っていくと思って下さい。もちろん小口出品、自己発送で・・・・という戦略もありますが手間などを考えたら始めから大口出品で販売したほうがいいと思います。

ですので最安値近くで販売している大口出品者の数を見ておきます。これらの数が実際のライバルだと思って下さい。これらはモノレートでは見れないので実際にAmazonページでチェックしていきます。

この商品のライバル数は3.4人という感じでした。もちろん時期によって上下しますがとりあえずは最安値にガンガン合わせてくる強豪はそんなにいない状況です。

この商品の大口出品者の最安値(カート価格)は2799円ですが2800円が二人いてあとは2980円とかやや値段が離れているのが分かります。

この状況から見て2800円くらいで販売して利益が出るのであれば仕入れるべきだという事が分かります。

手数料計算

では例えばこの商品を2800円で販売した時にAmazonの手数料を引いていくら振り込まれるのかを計算しておきます。

単純に言うとそれより安く仕入れれば利益が出ると言うことです。もちろん何故か急激に価格を下げてくる出品者が彗星のごとく現れる可能性もありますがとりあえずは今回は2800円くらいで売ることを想定しておきます。

FBA料金シュミレーター

smasurfのリンクからFBA料金シュミレータに飛びます。

そうするとこの商品の手数料を計算してくれます。

私は全てFBA販売ですので「FBA発送の場合」に2800円と記載して下の計算ボタンを押します。そうすると2111円振り込まれるというのが分かります。

ですので2111円以下で仕入れができれば利益が出ると言うことです。

とい言う感じでAmazonではリサーチしていきます。

ではこのあとはついに商品の仕入先を探していきます。

でもいい加減長いので次の記事にします。

まとめ

ノーブランド検索戦略でのリサーチの流れがなんとなくでも分かってもらましたでしょうか?

初心者の人は良くわからない部分もあったと思いますがまあ大枠だけでも理解してもらたらと思います。

細かい部分まで解説していたらキリが無いのでちょっとほんとアレですみません。

おいおい説明していきます。

次は今回Amazonで見ていった商品の仕入先を探す方法を解説していきます。私はマジで今解説している方法だけで月100万以上稼いできたんでほんと舐めないほうがいいですよ。

ほんとあんまり舐めてたら大変な事になりますよ。ほんとびっくりします。

簡単で確実で王道かつ本質が詰まりまくってるので。

Pocket