代行業者を使ってアリババ・タオバオから仕入れる方法

Pocket

代行業者

中国輸入ビジネスを始めるのにあたってアリババ・タオバオは無くてはならない存在です。

この2つほど商品が揃っているところは間違いなくないです。しかも基本卸業者が使うECサイトなので驚くほど安く買うことができます。

もうあとは工場に直接交渉する以外は恐らく方法はないですが代行業者に頼めば多少は値下げ交渉もしてくれるので是非商品を購入する際は頼んでみてください。

中国輸入ビジネスにおいてアリババと自分の代わりに買って日本まで送ってくれる代行業者は必須なんだけどそれについてはコチラの記事が参考になるのでまだそこら辺の意味が理解できてない方は読んで見て下さい。

簡単に実践できて稼ぎやすい中国輸入ビジネス手法を公開します
    「中国輸入ビジネス」と言う言葉はよく耳にするかもしれませんがいったいどういうビジネスかしっかり理解できていますか? 「中国から商品を輸入して日本で売るビジネス」と言えばそれまでですが...

残念ながらアリババ・タオバオは日本語表示のサイトが無いです。なので始めは慣れが必要かもしれません。翻訳して使う事もできますが正直微妙なので私は中国語のままで使っています。

という事でここでは代行業者を使って仕入れる方法について解説していきます。

代行業者を使わずに仕入れはできるのか

まずアリババやタオバオなどのサイトから日本へ仕入れるのは代行業者が必須のようになっていますが実際はどうかというとタオバオなんかは結構買えたりするみたいです。

でも日本発送は対応してない場合なども多く正直ガチで中国輸入をやっていこうという人であればさっさと代行業者を使った方がいいと思います。

せっかくリサーチした商品が日本まで送ってくれないとかめちゃくちゃ時間の無駄じゃないですか?なので代行業者を使わない事もできますが使った方のメリットの方が大きいのが現状です。

代行業者を使うメリット

ガチで中国輸入やりたい人は代行業者に頼みましょうと書きましたがここでは代行業者を使うメリットを上げていきます。

色々な代行業者がありますがここでは一般的なサービスでのメリットを上げます。

  • 注文から日本へ発送まで全てやってくれる
  • 検品してくれる(粗悪品などの購入を防げる)
  • 価格交渉してくれる
  • 商品詳細の確認をしてくれる
  • FBAへ直送してくれる
  • 送料が安い
  • 全て日本語で対応してもらえる

ざっくり上げるとメリットはこんな感じです。

基本的にはどこの代行業者でも仕入れる商品のURLと色やサイズがある場合はそれを指定すれば注文支払い発送まで全てやってくれます。

また多くの代行業者がFBA発送も対応していますので大量の商品が届くなんて事なくAmazonで販売することも可能です。

逆にデメリットを上げるとお金がかかる事くらいです。

でもメリットに比べたら支払う価値はあると思います。

どこの代行業者を使うべきか

次にオススメの代行業者ですが代行業者自体は非常に多くあります。

本当に上げればキリがないのですがいい感じでまとまっているサイトがあるので紹介します。

タオバオ通信

ここを見ればこんなにあるのかってくらいありますがまずはどこでもいいので使ってみる事をオススメします。

差が生まれるとすれば手数料と対応差(スピード)くらいだと思います。どこも一長一短という感じですので実際に使ってみるのが一番ですね。

まずは手数料が安いところを使ってみてあまり対応が良くなければ多少価格が上がっても対応がいいと評判なところ使ってみるとかしながらお気に入りを見つけていけばいいと思います。

あと強いて言えばサイトがしょぼい所はあまりオススメしません。

あまりお金を掛けてないと言うことですから多分そういう事です。逆にサイトに力入れなくても口コミでお客さんが絶えないなんて汚いラーメン屋理論も無くはないですがどうせならキレイなサイトの業者から使ってみるといいでしょう。

私が使っている代行業者

因みに「お前はどこを使ってるんだ」という疑問が湧くかもしれませんので一応書いておきますが私が使っているのは「イーウーパスポート」です。

イーウーパスポート

最近は義鳥(イーウー)だけでなく広州にも事務所ができたり勢いのある代行業者の一つです。頻繁に東京や大阪でセミナーをしていたり現地での仕入れツアーにも力を入れています。

元々中国輸入を実践していた方が作ったサービスだけあって細かいところまでフォローしてくれますのでオススメですが月額費用などがかかるのである程度利益が出せるようになってから使うのがいいかもしれません。

また私が使っているのはオフィス会員なのであまり参考にならないと思います。

イーウーパスポートのオフィス会員は配送業者やダンボールなどの資材はそのままイーウーパスポートの物を使いますがそれ以外は事務所を借りたり一人自社で社員を雇う形になりますのでかなりのヘビーユーザー向けサービスです。

中国に一人専門で働いてくれる社員がいれば色々と融通がきくのでいいのですがこれは少なくとも100万から200万以上の利益を出せるようになったからでいいと思います。

実際に私も月の利益が200万以上になってからオフィス会員にしました。

今では中国の企業へ直接電話してもらったり交渉の際にSkypeのグループチャットで翻訳してもらったりもちろんアリババなどでの買い付けや発送もガンガンやってもらっています。

中国には買い付けや発送などやってくれる個人レベルの業者も沢山います。Amazonを通してこういった業者からメールが届くことも多いです。しかしリスクもありますので先に上げたようなリスク無く安心して使えるサービスを使えるようになるといいです。

まとめ

という事でアリババやタオバオを使う場合は代行業者を始めから使うようにしましょう。

ハードに使う場合はイーウーパスポートはめちゃくちゃ安いのでオススメです。色々なリスクと手間を省く事ができます。

まずは色々なサイトを見て自分がいいと思うところを使って仕入れをしてみましょう。

そこから全てがはじまります!

Pocket